ドクター経歴

柏院 院長

西浦 蘭子 (にしうら らんこ)

アメブロ Instagram

経歴
  • 2004/03:聖マリアンナ医科大学卒業
  • 2004/05:聖マリアンナ医科大学病院研修医
  • 2008/04:聖マリアンナ医科大学病院形成外科
  • 2011/04:美容外科専門クリニック
  • 2012/04:聖マリアンナ医科大学病院横浜市西部病院
  • 2014/10:城本クリニック

1:院長挨拶

柏院院長を務めさせていただき、6年目となります、西浦蘭子です。
柏院は柏駅南口至近に開院し20年となります。当院では、外科施術におきましても、美容皮膚治療におきましても、リピーターの方が多く、患者様に支えられて今日に至っております。
今後も、ひとり一人の患者様にしっかりと時間を割き、お話を伺い、安心感を持って治療を受けていただけますよう、スタッフ一同努力して参ります。

2:美容外科医を目指した理由

医師になり当初は、保険医療に従事することしか考えていなかったのですが、きっかけがあり美容医療へ足を踏み入れることになりました。
多くの先生方にご教示いただき、多くの患者様と関わって参りましたが、美容医療には、保険医療とはまた異なる責任の重さがあり、そして私見ではありますが、患者様との良好なコミュニケーションや接遇がより重要となります。
あらゆる経験に鍛えられ、現在、美容外科医と称しておりますが、私の得意とするイメージする力や、手先の器用さを生かせる分野は、美容医療の他にないと考えています。

3:美容外科医として大切にしていること

自分にとっては100に一つの施術だとしても、患者様にとっては非日常的な、緊張を伴う一つのイベントであることを常に意識し、気を引き締めて施術に当たって参ります。
施術を受けられる際の、期待感や緊張感、そして不安な気持ちはよく理解しています。
少しでもその期待に答えられるよう、最善を尽くして施術し、より研鑽を積んでいくこと。そして少しでも不安や緊張を取り除けるよう、最大限の配慮をしていきたいと思っています。

4:現在の美容医療について、美容医療の意義・あり方について

外見に対する価値観は人それぞれです。ありのままを受け入れて幸せに生きる人が多数である中で、美容医療は偏見を持たれることもあります。
しかし、例えば他人に隠したくなる様なコンプレックスを持つ方、又は職業上身体にメスを入れる怖さを乗り越えても成功したいという方、状況や人生の目的も人それぞれであり、各々の気持ちは図り知れません。極端な例えではありましたが、何よりも、特に女性は、鏡にうつる自分が少しだけでも良くなると、とても心が潤います。
これからは、より世の中の効率化が進み、人々の幸せの求め方が変遷していきます。健康に年齢を重ねる人口も増え、男性も女性も見た目の若さを求める方が増えていきます。
この時代の美容医として、この様な需要に答え、最良の医療を提供していきたいです。皆さまの心をより晴れやかに、内面の美しさを引き立たせるお手伝いができればと思います。

pagetop